寝取り屋本舗(NTR本舗)

寝取り寝取られ系の面白かった作品を集めてみました~~~

逆転 7


目覚まし時計が鳴ってます。
時計をセットしたのは覚えていますが、その後の記憶がありません。
あんな事があったものですから、歯も磨かずに寝てしまったので口の中が気持ち悪い。
洗面台に行くには居間を通らなければなりません。
きっとそこに妻が居るでしょうが、顔を会わしたくないのです。
何時もと変わらぬ状況なのに、不倫の証拠を突き付けただけでこんな気分が変わってしまうものなのか?
私はそこ迄、妻との生活に息苦しさを感じていたのか?如何もこの建売住宅は使い勝手が悪い。
居間に入るとやはり妻が昨日のままの格好で、テーブルに伏せて眠っています。
私の気配に目を覚まし、腫れた目で声を掛けて来ました。

「朝食の用意をします。・・・・・今日仕事を休んでいいかしら?」

「好きにしたら。俺はお前が行こうが行くまいが如何でもいいよ。だけどさ、今日行かないと明日も行けなくなっちゃうんじゃないか?
行っても結果は同じかもしれないけど、社会人として責任は回避しない方がいい。遅刻してでも行く方がいいと思うよ。
それと朝飯はいらない。これからも飯は作らなくていいよ。
勝手気ままにやっていく。あんたも今迄通りに好きにすればいいさ」

人生の多くを共に歩んだ情が絡むと面倒です。そんな事で自分を言い含めるのは真っ平です。
私とて俗物的な人間ですから、今迄の思い出が山ほどあり妻への感情が何もないとは言えません。
それは仕方がない事でしょう。人間なのですから。
それでも私は新たな一歩を踏み出したい。
仕事での緊張をほぐしてくれる心休まる家庭が欲しい。
そんなものが有るのか無いのか私は知りません。
だって、そんな経験がないのですから。
思い起こせば親父も家では無口でした。
あいつも私と同じ人生を歩んでいたのかな?

「女に理屈は通じない。言うだけ疲れる」

親父がよく私に言った言葉です。その結果、母は我侭な女でした。
もちろん妻のように不倫に走った訳ではありませんが。
言いたい事を言い合える関係でありたい。父と母のような夫婦にはなりたくない。
そう思っていたのに今は親父と変わらぬ人生です。
それでも何処かで変えたいと思っていました。
『俺は親父とは違う』
親子でも価値観は違うのです。離婚が罪悪な時代ではありません。
子供達の事ばかり中心で、自分を犠牲にするなんて時代錯誤もはなはだしい。
今がそのチャンスだ。子供達にはあの子らの人生がこれから一杯ある。俺の人生はその半分もない。
間違っている考えかも知れないですが、勝手ながらそう思いたい私です。
それにしても、妻のあんなに腫れた目は何なのか?
私をこれ程ないがしろにして来て、不倫がばれたからと言って泣く必要があるのか?
こんなに長い男との付き合いで、愛情は私によりもあの男に強く感じているのではないでしょうか?
証拠が出た時点で、何時ものように開き直れば済む事だと思います。
男に帰る家庭があって、自分になくなるのが辛いのか?それは彼女の勝手です。
好きな男と私の目を気にせずに会えるのは都合がいいと思うのですが。
きっと子供達に自分の不貞を知られてしまったのがショックだったからなのかも知れませんね。

手際よく身支度を整えて、何時もよりも早い時間に家を出ました。
妻に口をきかせる隙を与えたくなかったのです。それと敵陣に如何攻め込むかもう一度考える時間も欲しい。
さあ、今日は決戦です。
時間を潰してから朝一で妻の会社に行こうかと思いましたが、踏ん切りが付かず少し早く出勤してしまいました。
ディスクに座りボーッと考えていると同期の男が声を掛けて来ます。

「おい今日は早いな。何かあったのか?朝から深刻な顔をして如何した?」

この男は大学は違いましたが入社当日から妙に気が合い、その仲は今も変わりがありません。

「嫁さんとちょっと揉めてな。頭に来て早く出て来たんだ。お前も経験あるだろう?本当に腹が立つよなぁ」

「雅ちゃんも気が強いからな。何があったか分からんが、お前さんが頭を下げた方が無難だぞ。
へそを曲げられて、飯の用意もしてくれなくなったら目も当てられん。早い内に機嫌取りをしておけ」

同期の境は相談するに与いのある男です。同期ですから妻の雅子の事もよく知っていますし、お互いに子供が出来る前は家を行き来していたものです。
しかし今、唐突にそんな相談も出来ませんし、夫婦円満を演出していた私には、とても口には出せません。
相談相手を思い浮かべていた時に、1番に頭に浮かんだ男ではありますが、見得が邪魔してしまいました。
『えーーい、なるようにしかならない!俺一人でやってみるさ!』
相談するチャンスを逸した私は決めました。
今の今迄、心の中で誰かを頼りにしていたのですが、自分の事位は一人で受けて立ちましょう。
昼食を終えて会社に戻った私は、部下に外回りに行くと嘘を言い妻の会社に足を向けました。
敵陣の前に立ち、一旦は躊躇しましたが止らずにドアを開けます。

「岸部さんを呼んで貰えますか」

この規模の会社に受付等はありません。直接女性事務員に声を掛けました。
昨日玄関で小さくなっていた男が、慌ててこちらに向かって来ます。
この男、この場を何とか取り繕おうとしてか、私を外に連れ出そうとするのです。

「おいおい、俺は会社で話し合おうと言ったはずだぞ。そんな真似をするならこの場で話してもいいんだ。」

わざとに大きめの声で言います。当然男は慌てました。

「そっそうでしたね。こちらの応接室にどうぞ」

部長自ら私を応接室に通すのですから、余程重要な客だと思ったのでしょう。
私が声を掛けた女性事務員が怪訝そうな表情をしながらも、直ぐに立ち上がり最敬礼しているのでした。
オフィスに薄いドア1枚で隔たれた狭い応接室で、私は男に横柄な物言いをしました。

「雅子は出て来てるか?居るなら直ぐに呼べ。それと社長もな」

「奥様はお得意様のところに行ってもらっています。直ぐに連絡して呼び戻しましょうか?それから社長には何の関係もありません。
あくまでも個人的な話ですからね」

昨日とうって変わって横柄な態度に出てきます。
男は社長をこの席に着かせるつもりはないのでしょう。反対の立場なら誰だって避けたいものです。
そりゃぁ嫌でしょう。そんな事は私も重々承知です。

「あいつ居ないのか。逃がしたんじゃないだろうな?まあ呼び戻すって言うんだからそんな事はないか。
社長は居るんだろう?まさか社長迄居ないと言うんじゃないだろうな?それなら俺が電話で呼び戻してやろうか?」

「だから社長には関係のない話しでしょう」

「そんな事はないさ。会社での不祥事は長の責任でもあるだろう」

「・・・・関係はないさ・・・・」

「その判断はトップにしてもらおう」

ソファーから立ち上がる私を見て、男は立ち塞がりました。

「まぁ、落ち着いて話し合いましょう。それで納得してもらえなければ私から社長を呼びますよ」

妙に不敵なこの態度は何処から来るのか?此処は相手のフィールドで、私にはアウェイなのですから、相手は気が大きくなっているのかも
しれません。でも今はひるむ訳には行かない!だって、この男に対して私は何の落ち度もないのです。

「何か勘違いしてないか?俺はあんたと刺し違ってもいい覚悟やよ。
昨日言っただろう。明日はないって。
社会的に見たって俺の立場は強い。その位はあんただって分かるだろう?出る所に出てみようか」

「・・・・・・・・・」

こいつは圧力に弱い男だと一寸した気配で分かってしまうのは、私だって伊達に年を取った訳じゃないからです。

「・・・男と女の不祥事は何処にでも転がっている話しだ・・・内々の話にして貰えないだろうか・・・」

「冗談じゃない」

男を押し退けて応接室を出ようとする私の腕を掴むその顔は、昨日と同じ情けないものでした。

「済まないが座ってくれ。落ち着いて話し合おう」

形勢逆転!
此処からは私のペースで話を進められると判断し再度ソファーに腰を下ろしました。

「申し訳ない」

男も座り、テーブルに付きそうな位に頭を下げています。
臭い芝居をしやがって!きっとこの場を何とか乗り切る事しか考えていないでしょう。
何時もはそれなりの顔をして居るであろうこの男の惨めな姿を、この薄いドアを開けて社員に見せてやりたいものです。
こんな男を上司と仰ぐここの社員達は、この姿を見ても会社の為に必死で頭を下げている尊敬すべき上司に映るのかも知れません。
そんな事があるはずはないと思ってはいるのですが、孤立無援な敵陣に殴りこんだ私には、全てが相手の援軍と感じてじまいます。

「社長を呼ぶ気になったのかな」

私も結構やるじゃないですか。人間追い詰められると自分でも分からなかった性格が顔を出すのでしょう。
窮鼠猫を噛むと言うところかな。この感じは完全に私のペースに乗ったと思っていいでしょう。
男は深々と下げた頭を上げようとしません。

「部長さん。何でそんな事をする。あんたが言ったように私が誤解しているだけなら、もっと堂々として居ればいいじゃないですか。
流石にそれでは通じないと理解されましたか?おい!この落し前、如何付ける!
俺はヤクザじゃないが、鬼にはなれる。あんた、悪い男の女に手を付けたな。俺は執念深いよ。
金なんか要らないが、お前の人生を食ってやる。倍返しが心情だ。命以外は全てなくす覚悟をしておけ!」

『食ってやる』か、何か凄い言葉を言ってしまった。
『駄目にしてやる』より迫力があると思うのですが?
乗って来ました。『命以外に全てをなくす』そこ迄は幾らなんでも無理だと思っています。
不倫なんて、この男の言う様に何処にも転がっている話です。普通はうやむやになってしまうのでしょう。
あくまでも嫌がらせの台詞ですが、それでも男は無言で頭を下げています。

「とにかく社長を呼んでもらおう」

此処は一気に、こいつが嫌がる事でこの場は攻めましょう。ただやり過ぎると免疫が出来てしまいます。
開き直れる男なのか、そうではないのか、今は分かりませんがセオリー通りにこの線で行きましょうか。
私がW不倫をしてこんな立場に立たされたら如何するのでしょう?パニックでしょう。
私とて、そんなチャンスがなかった訳ではありません。あ~~しなくてよかった。
    

逆転 6

「こんな時間に誰かしら?」

長女の言葉に我に返ります。
私はきっとあの男が来たのだろうと推測しました。
職場に来られるのは厄介な事でしょう。幾ら子供の私でも、その事が何を意味するのかは分かります。
もしあの男で有るのなら、男は会社での立場が大切なのです。奥さんと離婚する気があるのか、ないのか迄は分かりませんが、社員との不倫が知れると不味いと思っているのでしょう。
おそらくは、離婚なんて考えていないのだろうな。妻との愛を貫き通すつもりなら、男なら男として貫き通さなければならない誠意があり
ます。
全てを失っても、守らなければならないものがあるのです。

「変な事を言うようだけど、暫らく下には降りて来ないでくれるか。
・・・聞かれたくない話しもある。
お前達も大人だ。そのところは勝手だが察してくれ」

何て罪な事を言うのか。何でこんな事になったのか。
この子達に責任は何一つありません。
私が階段を降りようと部屋から出ると、妻の声が聞こえて来ました。
妻も誰が来たのか分かっていたのでしょう。私より早く出なけでばならない理由もあるのかも知れません。

「入って下さい」

その妻の声が聞こえた時には、私も玄関に居ました。
思った通り、来訪者はあの男でした。私は妻にも失望です。この位の男と一緒になって、家庭を壊すかも知れない火遊びをしたのですから。

「入ってもらっては困る。子供達が居るところで修羅場もないだろう。その位の誠意は示せよ。さっき言った通り話はお前達の会社でしよう。
岸部さん、あんたも部長だ。会議室くらい調達出来るだろう。
俺も流石に怒鳴り込むような事はしない。
ただな、社長さんは同席してもらいたいな」

「少し時間を取ってあげて。申し訳ないけど私達、会社でそんな話は困るの」

『何が私達だ!』

「そうだろうな。困るだろう。知ってて言ってるんだ。なぁ岸部さん、あんたがどんな仕事をして来たのかは分からないが、会社には営業
マンも居るだろう。ここぞと言う時は、相手の望む条件を提示するだろう?それは弱いところを突くと言う事でもあるよな?
俺もそうしているだけだ」

岸部は私の顔をまじまじと見詰ています。その表情は好戦的ななものではなく、弱気な情けないものです。

「こいつから言われて来たのか?それとも自分の意志で来たのか?」

「あのう・・雅子・・・いや奥様から電話があって・・・・・なくても私から来ました・・・・・」

「お前、懲りもせずまた電話したのか。いい加減にせいや。
・・・俺は今日話すつもりはない。
これからの相談をしたいなら二人で何処かで勝手にやってくれよ。
明日その結論を聞こう。おい、お前!覚悟しておけよ!
生半可な結論は出すな。人生終るかも知れないぞ。雅子、お前もな!」

最後の『おい!お前!覚悟しておけよ』かなり気合を入れました。
部下を叱咤する時の私の気性がよく出たと思います。相手が如何感じたのかは別ですが。

「ご主人。申し訳けありませんでした。誤解させたのは私の不徳です。奥様から残業を減してくれと言われてましたが、ついつい甘えてし
まいました。雅子・・・いや奥様から聞きましたが大変な勘違いです。如何か離婚なんて思い留まって下さい」

何て浅はかな男なのか。今来てるのは妻からの電話を受けてからです。
もうその内容は聞いているでしょう。それでも私を言い包めれると思っているのでしょうか?
それも人の妻を『雅子』等と2回も口を滑らせる。何時もは『雅子』と呼び捨てか?
こいつも子供から脱皮していません。余りにも私を舐めている。
世の中そんなに甘くない。
子供ならば相手に不足はありません。弱い者には強い私ですから。

「誤解なんかしていないよ。もうこいつから聞いただろうが、証拠が揃っているんだよ。どんな言い訳も通用しない。
さあ帰ってくれ。こんな所で話してると子供達に聞こえてしまう」

もう娘達には聞こえているでしょう。取り返しの付かない事をしてくれたものです。

「貴方、話しだけでも聞いてちょうだい。会社に来るなんて言わないで。お願いだから上がってもらって」

「うるさい!お前ら二人とも出て行け!」

私は妻と男を叩き出すように外に追い払いました。
妻は靴を履く暇もありません。
ドアの向うで、妻の泣き声と男の声がします。
おそらくあったとしても私には関係がない事です。好きにすればいい。
これからホテルに行く気分ではないでしょうが、そうしたいならそうすればいい。
そんな時、2階の窓から長女が妻に掛けた声が聞こえました。

「お母さん不潔!」

そう言うとガシャンと窓を閉めたようです。
妻の泣き声が一段と大きくなりました。
娘達にも知れてしまった。ひょっとすると近所の誰かが聞いていたかも知れません。
妻の立場はもうありません。でも、私の立場も微妙です。朝、近所の人に顔を会わせるのが怖いです。
私は居間で一人煙草に火を点けると、娘達が入って来ました。

「お父さん、ここで煙草を吸ったら駄目でしょう。お父さんが止めないから、お母さん迄吸うようになっちゃたのよ」

次女の声は強いて明るく取り繕ったものです。
それにしても、あいつも煙草を吸うのか。そんな事さえ気付いていなかった。

「ねぇ、お父さん。私達の事は考えなくてもいいのよ。お父さんの思うようにしてね。私達は大丈夫だから。
たださぁ、学費はちゃんと出してよね」

そう言うと、ペロリと舌を出して2回に上がって行きました。
娘達の優しい言葉に涙が出ます。
この子達の事も考えて行動を取らなければ行けない。私一人の満足を満たすだけでは行けないのです。
さて、私にそんな器用な事が出来るでしょうか。それでも妻と別れられる事を内心喜んでいるのだから困ったものです。
誰かに相談したらいい知恵もあるのでしょう。そんな相手が居なくもありませんが何と切り出したらいいのか。
そんな事を漠然と考えていると、またチャイムがなりました。
まだ居たのか。モニターを見るとそこには妻だけが映っています。

「貴方、入れて下さい。あの人は帰しました。だからドアを開けて」

入れてやるべきなのか、このまま放っておくべきなのか迷います。
このままにしておいて大きな声で叫ばれようものなら、それこそ隣近所に好奇の目で見られてしまいます。
こんな時でも他人の目を気にする私は、冷静なのか、ええ格好しいなのか。
私は鍵を開け妻を家の中に入れましたが、完全無視を決め込みます。
どれ程の沈黙が流れたでしょうか。そんな空気にたまりかねた妻が口を開きました。

「・・・・謝って済む事じゃないと思うけど・・・・・申し訳ありませんでした・・・・」

どんな顔をして今更そんな勝手な事をのたまっているのか、私は妻の顔をまじまじと見入ってしまいます。

「その話は明日だと言っただろう。俺は何も話す気になれない。だがな、あの子達にはちゃんと謝ってこい」

妻が2階の子供達の部屋に行くよりも先に娘達が下りてきました。
何かを言おうとした妻よりも先に、娘達に罵声を浴びされました。私には庇うつもり等微塵もありません。
一通り言いたい事を言った子供達が部屋に戻ると、妻はテーブルに泣き伏せましたが、私は何も声を掛けずに寝室に入り鍵を掛けました。
『お前達の地獄はこれからだよ』
また子供達の事が頭から抜けてしまいました。

この出来事が、私が本当の大人になる最後のチャンスなのかとも思います。
この子らに返す言葉がありません。
複雑な思いが交差し考えあぐんでいると、目覚まし時計の音が聞こえました
    

 

逆転 5

「明日はないよ」

相手も声が出ないが、私も次の言葉が出せません。
ちょっと勢いに任せて張り切り過ぎましたが、しかし俺も男だ、後戻りは出来ないのです。
慌てた妻が私から携帯を奪い取ろうとしましたが、私に突き飛ばされ尻もちをつき、見上げるその表情は流石に蒼白で唇がわなわなと震わせています。

「そうだな。今日はもう遅い。あんたの言う通り明日話し合おうか。
俺があんたらの会社に御邪魔するよ。
逃げずに待ってなよ。あっ、そうだ。俺が誰かは分かるよな」

「・・・はっはい・・・御主人でいらしゃいますね・・・・」

男は会社に来られては困ると言いたかったのでしょうが、そんな相手の気持ち等お構いなしで、一方的に電話を切っていました。
その後の私の心臓の高鳴りはドクドクと妻に迄聞こえそうな勢いです。
私も気の小さな男で、全く情けない。
そんな事を妻に覚られるのが嫌で、カバンを持って寝室に引き返しました。
ただ居間を出る時に一言だけ妻に声を掛けます。

「そう言う事だ。もう俺達駄目かもしれないな」

妻がどんな表情でその言葉を聞いたのかは、背を向けた私には分かりません。
しかし、身動き一つ出来ない妻の気配は伝わります。
寝室に入り、興信所で渡された報告書を開いてみると、そこには男の
名前、住所、家族構成等が記載されています。

『子供が1人か。家の子達より年下なんだ。これから金が掛かるのに、女にうつつを抜かしている場合じゃないだろう』

妻と男との写真、報告書、私の武器は揃っています。
これから、この2人を如何料理するかですが、こんな経験のない私には、今一つ自信がありません。
ベッドに疲れた身体を横たえた時、妻がドアノブに手を掛けたようですが、私は鍵を掛けていました。

「貴方、開けてくれないかしら。何か誤解してると思うの。話を聞いてちょうだい」

どんな悪知恵を思いついたのか?まさか男に教えられた通りに話そうなんて思っているのじゃないだろうな。
興味の有るところではありますね。
私は書類を簡単に片付けて鍵を解放しました。

「貴方、何か勘違いしてないかしら。私から電話したのに嘘ついて悪かったわ」

寝室に入ってくるなり、そんな事を言い出します。
子供を育てた女は怖い物知らずです。あの初々しかった若き頃の妻はそこには居ません。
気性の荒い女ではありましたが、こんなには図々しくはなかった・・・

「残業を減らして欲しいと部長に頼んでいたの。でも中々許可してくれなくて・・・・・・
その結果がこれじゃない。だから部長に如何してくれるって文句の電話を掛けたの・・・・・
何か貴方に誤解されてるみたいだから、つい嘘をついちゃって・・・」

白々しい。

「そうか。そんな話をしていたのか。ちゃんと言ってくれればよかったのに」

私は薄ら笑いを浮かべながら、妻に興信所の封筒を渡しました。
何気なく受け取り、それが何を意味するのかを悟った妻の表情が凍り付いたのは言うまでもないでしょう。
嘘がばれたら極まり悪いのは誰しも同じです。ただこの嘘はたちが悪い。
その位の感情は、幾ら厚顔無恥の妻でもあったみたいですね。

「中を見てみろよ。面白いぞ」

妻は封筒の中を見る事が出来ません。
当然その中から何が出て来るのかは分かっているでしょうから。
暫らくの沈黙の後、妻が問います。

「如何して?如何してこんな事を?」

意味不明な言葉を口にしましたのは相当焦っているのでしょうね。

「如何してって何が?如何もこうもないだろう。疑っていたからに決まっているじゃないか。
まさか俺が何も気付いていなかったと思ってるのか?俺はお前が思う程馬鹿じゃないよ。
自分からこんな不潔な事を止めてくれるのを待っていたんだぜ。
その時は怒るだろうけど、しっかり話し合って、お前が望むのなら許してやろうと思っていた。
しかしそんな日は来なかったな。もう許す段階じゃない。お前だってこのまま終りにしたいと思ってるだろう?」

心にも無い言葉が口から出て来ました。私は初めから許してやろうなんて思っていません。
でもそんな事を言ってしまうと、あたかも本心のように思えて来るから不思議です。
私は取引先の彼女の顔を思い浮かべていました。と言うより、何時も頭の中にいるのです。
彼女がその気があるのなら、今すぐ妻と別れて一緒に暮らしたいとも思っています。
それが実現すると、現実が幸せなのか如何なのか。私には分かりません。でもこの年になっても女は新しい方がいい。
惚れて惚れて結ばれた結婚ではありませんでした。将来を真剣に見詰ての結婚でもなかった。
世間知らずゆえ、自尊心を満足出来るものであれば誰でもよかったのかも知れません。
だからこそ、今は真剣に若気の至りを後悔してるのでしょうね。
おっとりとして優しい女を私は求めている。
勝手ですが求めている。あの人が今こんな状況だから恋しい。
今だからこそ恋しく思える。
しかしそんな事を告白した訳でもなく、私が勝手に思っているだけです。
私がそんな話しをしたなら、彼女は何と答えてくれるのか?
『御免なさい』が関の山でしょう。単なる私の夢です。
勝手なものでこんな時は、子供達の立場等眼中にありません。
そんな思いを心の中で思い巡らせている間にも、妻からの返答がないのです。
私はいかにも悲しそうな態度で寝室を出ました。
『さあ、これから如何やって苛めてやろうか』
悲しく等ありませんが、何故か嬉しくもありません。私はこんな面倒くさい時間が大嫌いなだけです。
しかし今は悲しそうにした方がいいのでしょう。ドラマだってそんな描写をするはずです。
『我ながら上手い演技だ。怒り散らすのもいいが、この方が信憑性が沸くだろう』
私は作り笑いを浮かべました。

居間に行くと、何時2階の部屋から降りて来たのか、長女がソファーに座っています。
娘は私に小声で話し掛けます。

「お母さんは?」

「寝室だよ。もう直ぐここに来ると思うぞ」

「そうなの。それじゃぁ不味いわ。実はね、お父さんに話があるんだ。お母さんには聞かれたくないの。私の部屋に来てくれるかな」

何の話かは分かりませんが、娘に付き合わない訳には行きません。
二人で階段を上がります。
滅多に入る事の無い娘の部屋は、思いのほか綺麗に整理されてます。
この辺は私ではなく、妻に似たのでしょうね。
そこには次女も私を待っていました。
二人でベッドに腰を下ろし、並んで座ります。何か若い頃の妻が隣に座っているような感じでがします。
当然ですよね。この子は妻が産んだ子供なのですから。
そんな娘が窓の方を見詰ながら話し出しだしました。

「お父さんとお母さん大丈夫なの?」

「大丈夫って何が?」

私は妻の帰りが遅いのを、娘達の前で愚痴らなかったと思います。
また、夫婦の言い争いも子供達の居るところでは避けていたつもりですが、それなりに伝わってしまうものなのでしょう。
娘達の話しの内容は、私よりも早く帰宅した時等よく電話をしているが、如何も相手が男のようである。またその内容を娘達には聞かれたくない様子である事。決定的に疑われたのは、私が出張の時は必ずと言っていい程に妻も外泊をしていると言う事がでありました。
娘達には『私もたまには羽を伸ばしたいの。お友達のところに行って来る』と、お決まりの台詞を言うようです。
私は家に電話を余程必要がある時以外は入れないのです。
電話が来ない事をいい事に好き放題です。
妻にとって、この子達がまだ幼い子供なのでしょう。
しかし、私達が思う以上に充分な大人になっています。
上手く誤魔化したつもりでも、もうそんな事では通じません。
『そうか、外泊までしていやがったか』
ここのところ出張がなかったので、興信所の報告書にもそこ迄は記入されていませんでした。
私は無関心過ぎました。無関心だったからこうなったのかもしれませんね・・・・・
妻もこんな事をしていれば、流石に娘達にも疑われると言う事ぐらいは考えるべきでした。
そんな理性も働かないほど、男と一緒に居たいと言う事か・・・・・

「言い難いんだけどさぁ、お母さんに男の人が出来ちゃったんじゃないのかなぁ。もしよ、もしそうだったらお父さん
如何する?離婚する?」

「お父さんと、お母さんが別れたら如何する?」

「・・・・・私達は嬉しくはないけど、お父さん達が決めた事ならしょうがないと思うしかないわ・・・・」

そう言って寂しそうに俯いている表情に、妻の面影が漂います。

「お父さん。もっとしっかりしないと駄目よ」

明るく笑って言いましたが、その笑顔は自然に湧き出たものとは違います。
この子達も、何時かは好きになった人と結婚して子供を産むのでしょう。その時は、私達のような夫婦でなければいい。
それでも長い生活のには晴れもあれば雨の日もある。そんな経験を積んで、今の私達の関係も理解できるのかも知れません。
しかし今はまだ若い。そこ迄は理解出来ないのが当たり前です。
私達の子供としての目で見ているのです。
私にはこの子達が居るんだなぁ。自分の事しか考えていなかった。
いっぱしの大人面をしていましたが、私は子供なのです。
私達の行動が、この子らの心に不安を与えてしまった。まだ浅い不安であろうその傷を、埋めてやるのが親としての努めなのか?
大人って責任を持たなければいけない生き物だって、せつないですね。