寝取り屋本舗(NTR本舗)

寝取り寝取られ系の面白かった作品を集めてみました~~~

品評会 25

“や、やめろっ!凪っ!おれの女房になにを・・・!”
私は堪らず、渾身の力を込めて身体を前後左右に捩った。ドタバタと椅子が激しく揺れ動く。
“こんちくしょう!やめろ!ああ、やめろ!”
だが、所詮は無駄な努力であった。固く締めつけられた縛めはびくともしない。
“逃げろ響子!なにをしてるんだ!はやく逃げろぉ!”
私の混乱をあざ笑うかのように、凪の唇が殊更にゆっくり、ゆっくり響子の唇に近づいていく。
“やめろっ!ああ!やめろ凪ぃ!”
あとわずか数センチのところだった。そのまま響子の唇に重ねられるものだと思われた凪の唇が、突然
方向を変えた。
「あっ!!」
次ぎの瞬間、感電したように響子が激しく身体を震わせた。凪が響子のサイドの髪をかきあげ、耳たぶに
しゃぶりついたのだ。
「あああ・・・いやぁ・・・」
固く閉じられていた口元が緩み、響子が溜息とも、喘ぎとも、分かちがたい声を吐き出した。
「はあああ・・・うううう・・・」
“ぴちゃぴちゃ”と淫らな水音を響かせながら、凪が響子の耳たぶを丹念にしゃぶっている。
響子の耳には、去年の誕生日に私がプレゼントしたピアスが飾られている。凪の舌の上で、私の“思い”
がコロコロと転がっていた。

“ちくしょう・・・!あああ・・・”
耳たぶにしゃぶりついたまま、後ずさりしながら、凪がソファの位置にまで響子を引き戻して行った。
両肩を掴まれている響子がヨタヨタと足を引きずって行く。
「いや・・・やめて・・・離して・・・」
身体をくねらせ、激しい抵抗を繰り返す。
ところが・・・。
凪の唇が耳から首筋に滑り落ちた瞬間だった。響子の様子が一変した。突如として身体の動きが緩慢
になったのだ。
「ああ・・・や・・・・め・・・・・て・・・」
著しく声のトーンが下がっていく。
「ここは滅法弱かったよなぁ」うなじに舌を這わせ、熱い吐息を吹きかけるようにして凪が言った。
「はあっ!だめ・・・!ああぅぅぅ・・・」
凪の愛撫に響子の身体の捩れがどんどん緩やかになっていく。
“なんだ?!どうしたんだ、響子ぉ!さっきの強気はどこへ行ったんだ?!”
まるで吸血鬼だった。凪は見る見るうちに響子の首筋から精気を吸い取り、さっきまでの強気の態度を急
速に萎ませていった。
「あううっ・・・」
私の目の前で、凪が響子の身体をやさしく解体していく。
「はあっ・・・ん・・・んっ・・・だ・・・め・・・」
執拗な攻撃に響子の身体がどんどんと溶け出していくのが手に取るようにわかった。
“頑張れ響子ぉ・・・!このままじゃ、凪の思うツボじゃないか・・・!”
いつしか私は、まるでKO寸前のボクサーに声援を送る観客よろしく、凪の巧みな攻めによって陥落を間
近に迎えた響子の憐れな姿を見守っていた。

凪の手が背中のファスナーにかかる。
「いや・・・・やめ・・・て・・・」
焦らすように、じわりじわりと引き下げていく。
凪が、私の気持ちを逆なでしようとしているのは明らかだった。

凪の手がワンピースの襟元にかかる。
「さあみせてくれ、おまえの本当の姿を」
言いながら、かろうじて両肩にひっかかっているだけになったワンピースを勢いよく引き下げた。
「ああああ!いやああ!」
まさに一瞬の出来事だった。下着姿にされた響子が両手で胸を抱えながらその場にうずくまった。
「いや・・・・・いや・・・・・いや・・・・」
うめくような声を吐きながら、ガタガタと体を震わせている。
「響子ぉぉぉ・・・」

そうしてしばらく、うずくまる響子を見下ろしていた凪が、おもむろに次なる行動に出た。
「さあ、はじめようか響子」
手を引き再び響子を立ち上がらせると、その両手を高々と持ち上げた。
「あああ・・・・」
“なぜだ!?なぜもっと抗わない!”
まるで操り人形のように凪にされるがままになっている響子がもどかしく、また不可解に思った。
凪の言うように、本当に響子は、ヤツに犯されるためにここへやって来たのだろうか?

「あああ・・・うううう・・・・」
凪は、左手の中に響子の両手を結わえると、腋窩の窪みに舌を這わせた。
「あああああああああっ・・・!はううあああああ!い・・・や・・・・あああああ」
突然響子がそれまでとは異質な声で鳴き始めた。
「相変らず、ここが弱いのか響子」
「ああああ・・・・だめ・・・!ああああ・・・・」
時折、軽い甘噛みを加えながら、ねっとりと凪の舌が響子の腋の下をしゃぶりつくして行く。
「あああうあああ・・・はああああ!だめ、そこはっ!あうああ!」
響子の腋の窪みに凪の唾液のきらめきを見た瞬間、突如として私の中にとてつもない興奮の波が
押し寄せてきた。
「ん・・・んん・・・・ん」
うめき声を上げながら、許される範囲で腰を前後に微震させた。とてもじっとしていられる状態では
なかった。じゅくじゅくと溢れ出したカウバー腺液によって、下着の中が冷たくなっていた。


「あああん!もう・・・もう・・・だ・・・め・・・」
「ほら、腋だけでイクのか響子。ほら、ほらっ、これならどうだ」
言いながら、凪が長い舌を思いきりつき出し、乳房の膨らみから、腋の窪み、肘のあたりまでを一気に舐めあげた。
「いやあああああ・・・・や、やめて・・・いや・・・」
空いている手が純白のブラジャーに包まれた乳房に近づいていく。
“あああ!さわるな!やめろ!“
凪の指先がブラジャーに触れる。
「ああああ・・・・」
カリカリと指先で布越しの乳首を刺激する。
「くふっ!はあああ!」
まるで、SMの攻め技のような愛撫だった。凪の手にぶら下げられ、響子があられもない声を上げながら、
くねくねと体を捩じらせている。
凪の手がブラのホックにかけられた。
“ああああ・・・逃げてくれぇぇ!響子ぉぉ!もう・・・これ以上は耐えられない・・・・”

最愛の妻が他の男に寝取られる・・・。
積年の夢が、皮肉にもこんなにも最悪の形で、現実のものになろうとしていた。
    

 

品評会 24

右の扉が開き、さきほどの案内の男が入って来た。
男は開いた扉のノブに手をかけながら、左手で室内を指し示し、訪問者を招き入れる恰好を見せた。

“本当に・・・本当に響子がここに・・・”

これが誰かの手の込んだいたずらで、実は響子はすでに友人との用事をすませ、
詩織と一緒に家に帰って風呂にでもつかっているんではないか。ああ、そうであったらどんないいいだろう。
ことここに及んでも、いまだそんな儚い望みにすがりついていた私であった。
だが、その望みが無残に打ち砕かれてしまうのに時間はかからなかった。その僅かの後、扉の陰から響子が姿を現したのだ。

「響子・・・おまえ・・・どうして・・・・」

胸がU字に切れ込んだクリームイエローのワンピースを身にまとい、響子がおずおずと部屋に入ってきた。
ほんの数時間前まで一緒にいたはずなのに、もう長い間逢っていないような奇妙な錯覚に囚われていた。
「やあ、遅かったね。心配したよ」と、凪がソファから立ちあがった。
俯き、両手を軽く身体の前で重ね、黙りこくったまま響子が扉の前に佇んでいる。
「さあ、そんなところに突っ立ってないで、こっちに来てすわってよ」
凪に促され、「失礼します」と消え入るような声を発した後、響子がゆっくりと歩き出した。
私の目の前を横切り、凪の向かい側のソファに腰を下ろす。俯いた横顔が蒼ざめて見えた。
右に凪、左に響子、私の目の前で二人が対峙した。

「ちっとも変わらないね響子。こうして君がそこにすわっていると、まるで八年前にタイムスリップしたみたいだよ」
響子が相変らず固い表情のまま、下を向いている。

「決心してくれたんだね」

凪が乗り出すように両肘を膝の上にのせ、両手を組み合わせながら言った。
“どんな・・・どんな答えを用意して来たんだ響子・・・”
ドトッ!ドトッ!心臓の音がはっきりと聞こえてくる。緊張のあまり、腋の下がじっとりと汗で濡れてきた。

「誤解されては困ります。今日は、もうこれ以上あたしに構わないでほしいということを伝えにきたんです」

顔を上げ、カッと目を見開き、響子が言った。これほど頑なな表情をした響子は見たことがなかった。
“やった・・・。”その瞬間、全身の力が抜け、心の底から明るい気分がふつふつと湧き出してくるのを感じた。
“ありがとう響子・・・。やっぱりおまえは私の知っている響子だった・・・。ありがとう。ありがとう”
心の中で何度も礼をいい、目頭を熱くした。

「フフッ・・・きっと、そう言うだろうと思った」
そう言って、凪がローテーブルの上に置いてあったシガレットケースを持ち、響子に向けて差し出した。
「いらない」
「やめたのか?」
“タバコっ・・・?、響子はタバコを吸っていたのか?”
次ぎの瞬間、響子が意を決したように、顔をあげ叫んだ。
「あたしは変わったの!もう凪さんが知ってるあたしじゃないの!あたしは高梨響子なの。もう君原響子じゃない!」
その響子の激昂をこともなげに受け止め、凪が言った。
「変わった・・・、いや変わったと思っていた。一ヶ月前、オレに再会するまでは。
そしてこの一ヶ月の間に、結局あの頃のまま、なんにも変わっちゃいない自分に気づいた」
「何言うの!、違うわ!それに、あのときのあたしを本当のあたしと思わないで!あの時は病気だったの。
あなたという病原菌に冒された病人だったのよ!」
「病原菌か・・・よく言ってくれるよ。その病原菌にもう一度冒されたくて、こうして訪ねて来たんじゃないのか」
「ばかなこと言わないで!自信過剰もそこまで行くと滑稽ね」
「あの盆踊りの夜に声をかけてから今日までの一ヶ月、どうやって過ごした?
憂い、戸惑い、苦しんで、昔を思い出しながら、一人悶々とした日々を過ごしていたんじゃないのか。
亭主とのセックスの後で、満たされない身体を一人で慰めてたんじゃないのか!」

“盆踊りの夜・・・・?そんなことがあったのか・・・いつ???・・・・・・あっ・・・!あのとき・・・、詩織の言ってた・・・”
『それが、すっごいかっこいいお兄ちゃんだったよ。背がこ~んなに高くって』
“お兄ちゃんて・・・あの時はてっきり伊能のことだと思っていたが・・・そうか、この男のことだったのか!”

凪の言葉に動揺したのか、響子の目が落ち着きを失った。実際、凪の言葉は、いみじくもこの一ヶ月の響子の様子を要約していた。
“やはり、あの夜の自慰行為は、この男とのセックスを思い出しながらのことだったのか・・・。
それにしても、私の知らない響子とはいったい・・・?”

「図星だな。きみは、なんにも変わっちゃいないんだよ響子。病気なんかじゃない。あれがほんとのきみの姿なんだよ」
「違う!勝手なこと言わないで!」
「きみの身体はオレにはまるように出来てるんだよ。きみはオレと融合するために生まれてきたんだよ響子。
回り道をしたけど、オレたちは、こうして結ばれる運命にあったんだよ」
「どうして私があの人と別れなくちゃいけないの?!私はあの人を愛しています。あの人は・・・」
「だめだ、あの男はおまえを幸せにすることはできない」響子の言葉を遮り、凪がきっぱりと言った。
「なぜ?!私は高梨といて幸せなの!あの人は心の底からあたしを愛してくれているわ!あたしは今の生活がいいの!
もうあの頃には戻りたくない!お願いだから私のことはほっといて!」

響子を傷つけたくないと、品評会の件は伏せると言っていた凪であったが、このまま響子が頑なな態度をとり続けていると、
結局最後には伝家の宝刀のごとく、それを暴露するに違いない。そうなると破滅だ。私はなにもかも失ってしまうことになる。
“あの人は心の底からあたしを愛してくれているわ!”
響子の言葉に、あらためて自分のしでかした事の愚かさに身がすくむ思いがした。
私はただ、身体を縮こませ、ことの成り行きを見守るしかなかった。

「君はまだ裕子のことを気にしているのか?」
「関係ない・・・」
「あれはオレ達の責任じゃない」
「いいえ!裕子さんを・・・、あなたの奥さんを死に追いやったのは、あたし達よ!あたし達が彼女を殺したようなものよ!」
「違う!、違うよ響子・・・、あれは裕子が・・・」
「あの日、離れの鴨居にぶら下がった裕子さんを見た瞬間、あたしの中ですべてが燃え尽きてしまったのよ・・・」
「きみのせいじゃない・・・」
“鴨居にぶら下がるぅ?!首吊り自殺・・・?!奥さんを死に追いやった・・・不倫・・・?”
そんな衝撃的な体験をしていたのか・・・?!穏やかな家庭に育ち、私同様いたって平凡な人生を歩いてきたと思っていた響子が、
こんな屋敷に住んでいる男と深い関係にあり、その上かほどの愛憎劇を演じてきていたとは・・・。
手を伸ばせばいつも手の届く存在だった響子が今、はるか遠い存在になっている。

「運命を感じないか?」凪が言葉を続ける。
「運命?」
「そうだ。八年ぶりに日本に帰ってきたその日に、偶然君に逢うなんて、しかも一番好きだった浴衣姿の君に逢うなんて。
その上、その浴衣が僕がプレゼントしたものときてる。これが神の思し召し以外のなんだって言うんだい?」
“そうだったのか・・・あの盆踊りの日・・・あの赤トンボの描かれた浴衣が・・・”

「どう思っていただこうとそれはあなたの勝手です。でもそれに私を巻き込まないで下さい!何度も言うけど、
今の私には高梨との幸せな生活があるんです。お願いだからもうそっとしておいてください!」
響子の声に怯えが感じられた。まるで声に出して拒否の言葉を吐きつづけなければ、凪の魔力に吸いこまれてしまう。
そんな畏怖の念が響子の声帯を震わせ、言葉となって吐き出されているように思えた。

「とにかく、そういうことですから、あたしはこれで失礼します」響子がソファから立ちあがった。
「さようなら、もうお会いすることはありません。お元気で」と、小走りに入り口の扉へ向かう。

「おまえ、本当にそれでいいのか!」

凪の叫びに、扉の前で響子が立ち止まった。
「おまえはよくても、それでおまえの“身体”を納得させることが出来るのか!?」
俯き、両肩をいからせながら、響子が両の拳を握り締めていた。
立ちあがり、凪が一歩、二歩、響子に近づいていく。怯えきった表情で響子が振り返って凪を見た。

「こ、来ないで!」響子が叫んだ。

その叫びを無視したまま、凪がじわじわと響子との距離を縮めていく。
それとともに、響子がズルズルと後ずさり、やがては背中が扉につくまでに追いこまれてしまった。

「来ないで!お願いだから、来ないでぇ!来ちゃだめっ!」

凪は響子の目の前に辿り着くと、その顔を挟みこむようにして、両手を扉につけた。
「あああ・・・・」
眉間に深い溝を刻み、固く瞳を閉じながら、響子が斜め下に顔を伏せた。ピクピクと睫の震える様子が見える。
凪が、ゆっくりと響子の髪に顔を埋めていった。
「ああ・・・懐かしい・・・響子の香りだ・・・」
“やめろ凪!それは・・・それはオレの香りだぞぉ!!”
顎の先に指をあて、凪が響子の顔を持ち上げた。
眉間の皺がさらに深くなり、ガクガクと膝を振るわせる響子の姿を、私は祈る思いで見つめていた。
“逃げろ響子ぉ!何をしている!は、早く逃げるんだ!このままじゃ・・・きっと・・・あっ・・・!や、やめろ凪ぃ!”
固く結ばれた響子の唇に、凪の唇が近づこうとしていた。

運命の時は、すぐそこに迫っていた。
    

品評会 23

「まったく、なんてところに住んでやがるんだ」
目の前にそそり立つ鉄格子を見上げながら、吐き捨てるように言った。
立ち向かっていく敵の大きさに対する畏怖の念が口をついて出たのだった。
その巨大な鉄格子の遥か向こうに、まるでヨーロッパのシャトーを思わせる建物が見える。
悲痛な思いで家を飛び出し、車を走らせること一時間。カーナビが導いたゴールポイントは、
海を見下ろす小高い丘の上に建つ巨大な屋敷であった。
車から出た私は、インターフォンのようなものがないか、門の周りをウロウロと探しまわった。
右の門の中ほどの高さのところに「NAGI」の表札が見える。
結局それらしいものは見つからず、はて、ここから大声で叫んでみようかと思っていたときだった。
突如その巨大な門が、ギギギッという軋んだ音を立てながら重々しく開き始めた。
鉄格子の上にとまっていた数羽の鳥が、一斉に飛び立った。
「おお・・・」
“ギギギッ、ギー” ゆっくり、ゆっくり、門が開いていく。
それはさながら、私を飲みこまんと、あんぐりと口を開ける巨大な怪物の姿であった。私
は今、無謀にもその体内へ乗り込もうとしているのだ。
“行ってどうなる? それで事態は好転するのか!?”
わからない・・・。
だが、じっとなんてしていられない。このままやすやすと響子を譲り渡すわけにはいかないのだ。
そのためならなんだってやる。なりふりなどかまってはいられない。泣き喚き、地団駄を踏む醜態を見せてもいい。
いざとなれば、ヤツと刺し違える覚悟だってできている。響子は私の命だ。この先、響子のいない人生など何の意味があろう。
誰にも、誰にも渡すもんか!
そんな悲壮な決意を胸に、私は再び車に乗りこみ、大きく口をあけた“怪物”の中へと突き進んで行った。


屋敷の中へ入ってもさらに道は続き、くねくねと右へ左へ曲がりくねった末に、
学校のグラウンドほどはあろうかという広場のような庭に出た。目の前に、門の外から見えていた灰色のシャトーが聳え建っている。
その建物の前で車を止めた。
私が車から降りると玄関の扉が開き、一人の男が現れた。
“こいつか?!こいつが凪なのか?!”
男はゆっくりと私に歩み寄り、
「ようこそお越しくださいました。旦那様がお待ちです。こちらへどうぞ」と深く腰をおりながら、玄関の方を指し示した。
“凪ではないのか・・”
恐らく執事のような仕事をしている男なのだろう。
私はフーッと長い溜息をつきながら歩を進め、男に促されるまま、館の中へと足を踏み入れた。


玄関ホールは、まるでホテルのロビーだった。
5、6人の大人が横に並んで昇れるほどの巨大な階段がホールの中央に位置し、右にカーブを描きながら二階へと続いていた。
あまりの威容に呆然と立ち尽くす私を尻目に、男はスタスタと歩を進め、階段の下でチラリと私に一瞥をくれると、
「こちらでございます」と階上を指し示しながら、ゆっくりと階段を上っていった。
男の後について二階へあがる。広く長い廊下がまっすぐに伸びていた。
玄関ホールがホテルのロビーなら、この廊下はさながら美術館だった。
見るからに値打ちのありそうな絵画が、廊下の左右の壁面に等間隔で飾られている。
“何なんだ、ここは・・・!?響子は、こんな屋敷に住む男と関係があったのか?!”
“夢なんだ、きっと・・・。オレは悪い夢を見ているんだ。”

やがて廊下の終点に辿り着き、男が右手にある扉に手をかけた。
「こちらでございます、どうぞお入りください」と男が扉を開けた。私は、男の言葉に従い部屋の中へと足を踏み入れた。
畳にして十畳ほど、この館のスケールからすれば、かなり小さな部屋であった。部屋の真中に、ポツンと椅子が一脚置かれている。
奇妙なことにそれ以外、家具や装飾の類は一切なく、まるで無音室のような寒々しい空間であった。
訝しく思い、男に話し掛けようと、後ろを振り返った瞬間だった。突然、目の前に二人の大男が現れた。
「な、な・・・・あっ!」
なんと、その大男共が、いきなり私に掴み掛かってきたのだ。
「な、なにをするんだ!?や、やめろっ!」
激しく抵抗するものの、男達の圧倒的な力の前になす術がなく、たちまちのうちに押さえつけられ、部屋の中央にある椅子に座らされた。
「なんのマネだ!離せぇ!」
大男どもが私を押さえつけている間に、案内の男が私の手足を縛りはじめた。
手は背もたれの後ろに、足は椅子の両脚に、それぞれ括り付けられ、口にガムテープが貼られた。何のつもりか、
頭にはヘッドフォンをかぶせられ、それだけの作業を終えると、男達はさっさと部屋を出て行った。
“ガチャリ”とカギのかかる音がした。

“どういうことなんだこれは!? 夢か?、それとも手の込んだいたずらか?”
自分の置かれている状況が理解できないまま、あれこれと思いを巡らせていると、
突如、ヘッドフォンから聞き覚えのある男の声が聞こえてきた。
「ようこそ、高梨さん」
凪の声だった。
「手荒な歓待をお許し下さい。今日は是非あなたに、本当の響子の姿を見ていただこうと思いましてね」
“本当の響子の姿??どういうことだ!?・・・・・あっ!、な・・・なんだ!?”
突然、“ウィーン”という軽いモーター音とともに、目の前の壁が左右に割れ始めた。
“なんなんだ?・・・こ、これは一体・・・”
次ぎから次ぎへと起こる到底現実とは思えぬ異常な出来事に、私は何が何やら、全く思考が纏まらなくなってきていた。
開いた壁のすぐ向こうはガラス張りになっていて、その向こう側に巨大な空間が広がっていた。
応接間であろうか、なんとも広い部屋である。天井もおそろしく高い。悠に四メートルはあろうか。
部屋の奥には暖炉があり、その前には豪華な織物張りのソファセットがゆったりと配置され、床には見事なペルシャ絨毯が敷かれていた。
そのソファセットの横に、ひとりの男が立っていた。
ブロンドの長い髪、ライトグレーのマオカラーのジャケットにアイボリーのスラックス。かなりの長身だった。

「始めまして、高梨さん。凪 ユキトです」
“この男が凪・・・。響子の昔の男・・・”
なんと美しい男なのだろう。伊能の俗っぽい美しさとは違う、一種荘厳な感じのする独特な美しさを全身に漂わせていた。
「そろそろ、響子が着く頃です。そこから、じっくりと私達の性戯を楽しんで下さい」
“性戯を楽しむ??まさか、そんな・・・!?”
「心配要りませんよ。こちらからそっちは見えませんから。それ、只のガラスじゃないんですよ」
“???”
「マジックミラーですよ」
“マジック・・・ミラー・・・”
「うちの父が、あなた方と同じ人種でねぇ、自分の愛人を他の男に寝取らせて、そこから覗き見てたんですよ。
そのためにわざわざそんな部屋を造ったんですから、ほんと筋金入りの変態ですよ。他に寝室もこんな造りになってましてね。
でも、まさかその部屋がこんな面白いことに使えるとはねぇ。始めて父に感謝しましたよ」
言いながら、凪がゆっくりとソファに腰を下ろし、足を組み上げた。
「私には、あなた方のような人種が全く理解できなくてね。もう、見てるだけで虫唾が走るんですよ。
だからね、ちょっと虐めてやりたくなるんだなぁ、これがぁ」
そう言って、低い声で笑った。
「椅子に縛りつけられ、身動きがとれないうえに、声も出せない。
目の前では、最愛の妻が他の男のイチモツを咥えこみながら獣の嬌声をあげ、随喜の涙に濡れそぼる。
あなた方にとってはまさに涎の出る最高の演出でしょ。楽しみにしてた品評会がおじゃんになっちゃったんだ。
その分まで、たっぷりと楽しんで下さい。ビデオなんかとは桁の違う本物の興奮を味あわせてあげますよ。
なんたってライブなんですからね、ライブ」
そう言った後、凪の眼差しが鋭くとがり、
「決して快楽なんかじゃない。心底愛しいものを他人に奪われるということが、
どんなに辛く、苦しいことか、骨の髄にまで、たっぷりと味あわせてやるよ」と、吐き捨てるように言った。

その直後だった。扉をノックする音が聞こえてきた。
「なんだ?」
「旦那様、響子様がお見えになりました」
“なにっ・・・!響子が!ほ、ほんとに、来たのか・・・。響子・・・”

「さぁ高梨さん、品評会最終章、只今開演だよ」
ヘッドフォンからの凪の囁きに、背筋が凍った